4. パラグライダーとは

パラグライダーって

機体(キャノピー)を立ち上げている所です。翼の様なもので揚力を得て飛ぶ事ができます。機体にはいろんな種類がありますが、はじめは初心者用の機体で練習します。
Image155thumb

どこで練習

スクール前が練習生の練習バーンとなります。スキー場のゆるやかな斜面を利用して、ライズアップや右、左へのコントロールをマスターするまで練習します。
Image166thumb

一人で飛ぶ

下での練習をマスターすると、今度は高高度からの単独フライトとなります。フライトの時はインストラクターや先輩がたが、やさしく指導してくれるので安心です。無線で指示を受けながら飛ぶことができるので安心。
Image177thumb

上昇気流を見つけろ

これはテイクオフ写真です。各自機体を広げて上昇気流が発生してるかを、他のフライヤーの飛びを見たりして、いつ飛び出そうかと考えています。パラグライダーは、上昇気流を利用して長時間飛ぶ事ができます。空で鳶がクルクルと周りながら上昇していくところを見た事はありませんか?
Image9thumb

パラシュート

緊急時のパラシュートです。安全のための装備なので、通常は開く事がありません。パラシュートは定期的にチェックをしなければなりません。これは地上で開いて見たところですが、風下にもっていかれない様に踏ん張っているところです。
Image1thumb

タンデムフライト直前

タンデムフライトの準備をしているところです。搭乗者はパイロットの前に乗る形です。
Image8thumb

タンデムフライト

タンデムフライトがテイクオフした直後の写真です。ここからは鳶の様に思うがままに飛んで、泉ヶ岳のパノラマを楽しんでください。
Image5thumb

2013101405_2

Home_2